2010年06月03日

紹介 社長のための会計学:Vol.239

MG研修を受けた人なら分かりやすいかと思います。
ちょっと長文ですが最後まで読んでみてください!


--------------------------------------------------------------------

 【資金繰りを科学する】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】
■■   Vol.239 2010/06/03
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ★☆  実践!利益が見える戦略MQ会計セミナー  ☆★

   ◎6月15日(火) 大阪 定員40名(残り 3席)
    お早めにお申込みください。
     ⇒ http://www.its-mx.co.jp/mxkaikei/a9_0_2010-03.php

   ◎6月4日(金)の山形はおかげさまで満席になりました。
    ありがとうございました。

   ◎7月30日(金) 東京で開催決定!
    詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。


-------------------------------------------------------------


■今週のテーマは「資金繰りを科学する」です。


 企業にとって資金は血液そのもの。


 その血液の流れ方を

 大きく4つに分けて考えてみます。


 1番目は【売った代金の資金の流れ】です。

 2番目は【買った代金の資金の流れ】です。
 3番目は【人件費の支払い】です。
 そして4番目は【それ以外の資金の流れ】です。
 


■これらの資金は、それぞれ別々の動きをします。

 しかしそれらは「流れ方」が決まっているため、
 先々を計画(予測)することは
 けっして難しいことではありません。


 なぜなら、「資金が動く」ためには

 必ずその前提となる取引があるからです。


 その結果として

 資金繰りが苦しくなったり
 楽になったりするわけです。


 ですから資金繰りは

 【計画できるものである】
 ということになります。
 


■では一番目の「売った代金の資金の流れ」を見てみましょう。

 戦略MQ会計の「cPQ(キャッシュPQ)」に相当する部分です。


 主な中身は「日々の現金売上」、

 「売掛金を現金預金で回収した金額」、
 「受取手形の取立て額」、
 そして販売する前にお金をもらう「前受金」が含まれます。


 もらった手形を期日前に割引くのも「cPQ(キャッシュPQ)」に

 含まれます。


 これらの取引から発生する「資金の動き」は、

 販売した時点で【確実に】決まってしまいます。


 ※通常は決まる「はず」です。
  「うちの場合は売ったあといつもらえるかわからないよ!」
  というのであれば、それ自体が【大問題】ですから。


 「販売額(売上)の見込み」はなかなか立てられないのですが

 売ったあとの資金は確実につかめるのです。
 


■では二番目の【買った代金の資金の流れ】についてです。


 買った代金とは

 原材料仕入、商品仕入、消耗品購入、外注費代金など
 通常の取引のうち【掛けで購入したもの】、
 具体的には「買掛金の支払い」がこれに該当します。


 そのほかにも現金で仕入れたもの、

 支払手形の決済や仕入代金等の前払、前渡金などが含まれます。
 戦略MQ会計の「cVQ」に相当する部分です。 


 ※MQ会計ではFであっても、
  通常の取引でなおかつ掛けで購入したものは
  「cVQ」になります。


 三番目は給料や現金で支払う経費などの

 キャッシュの動きです。


 そして四番めがそれ以外のキャッシュの動き、

 たとえば借入金の返済や設備投資の支払いなどです。
 


■資金繰りを計画する場合、

 この大きな4つのカタマリで
 それぞれ資金の動きを考えれば、
 全体の資金繰りが見えてきます。


 そして、


 本当に経営に使える「キャッシュフロー計算書」や

 「資金繰り実績表」を作成するのであれば、
 次の点に注意して「日常の会計処理」を行う必要があります。
 


■もし読者が社長だったら、

 経理部が作成している日常の仕訳を
 一度「よく」見てください。


 決算書をキチンと作成するための仕訳は

 行われているのですが、
 資金計画までを意識して仕訳を行っている企業は
 なかなかありません。


 ですから多くの企業では「直接法によるキャッシュフロー計算書」が

 作れないのです。
 


■日々の会計情報を本当に経営に役立たせようとするなら

 経理が苦手な社長にでも理解できるように
 「内容がわかりやすい仕訳」を行わなければなりません。


 しかし多くの企業は

 「月次試算表や決算書さえできればいい!」
 というような会計処理を行っているです。


 よくあるパターンが

 買掛金を
 「商品仕入や原材料仕入に限定して使っている場合」です。

 「ガソリン代や消耗品などの経費を
 未払金や未払費用勘定で処理している場合」です。


 仕入であろうが経費であろうが

 通常の取引を掛けで購入するものはすべて「買掛金」を使います。
 


■なぜなら仕入であろうが経費であろうが

 請求締日や支払日は同じだからです。


 買った時点では仕入や経費に分けますが、

 買ったあとの支払いに関する処理は一緒なのです。


 ここで大事なのは

  ◎売った代金の回収額で買った代金を支払い
   そして給料や諸経費を払って
   借入金を返済して
   いくら残るか、
   いくら足りないのか

 なのです。


 それぞれの四つの資金の動きには

 規則があります。
 そしてそれらは容易に計算することができます。
 まさにこの先の「資金繰りを科学する」のです。
 


■年次あるいは月次の「損益予算(経営計画)」が決まったら

 あとは資金の動きを、この四つの固まりで考えることで
 資金計画は容易に立てることができるようになります。


 そしてそれは結果的に、、、


 なんと、、、


 来年のマトリックス会計表を作成する

 ことにほかならないのです。


 この方法で先々の資金繰りを計算しているのが
 「マトリックス会計MxPro」です。
 ⇒ http://www.its-mx.co.jp/toiawase/A01matrixkaikeihyo.php


 そしてマトリックス会計表から作った
 直接法によるキャッシュフロー計算書がこちら
 ⇒ http://www.its-mx.co.jp/toiawase/A01cf-mqkaikeihyo.php


 来年をマトリックス会計で考える?

 トンでもない!


 という方は

 ぜひ「戦略MQ会計」を学んでみてください。
 MQ会計の知識なしに
 いきなりマトリックス会計は
 さすがにキツイかもしれません。
 


■なぜなら、血液の循環を良くするには、

 まず黒字体質にすることが必須だからです。


 赤字体質を改善しないまま

 いくら輸血をしても
 企業は決して良くなりません。


 黒字体質に変えるために

 社長ご自身がMQ会計を【本気で】学んでみてください。
 なぜなら、
 MQ会計は社長のための【ヘッドライトシステム】なのですから。
 


■次回も引き続き

 「資金繰りを科学する2」の予定です。
 お楽しみに。


─────────────────────────────────


◎経営の実態をとらえ、この先の利益を読むための

 『実践!利益が見える戦略MQ会計講座』を
 下記の日程で開催します。


   ◇ 2010年06月15日(水)【大阪】
   ◇ 2010年07月30日(金)【東京】

┏┓
┃┃
┃┣┳┳┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃┃┃┃
┃実践!┃   ★☆ 利益が見える戦略MQ会計 ☆★    
┗┓  ┏┛
           社長が知りたいのは
          「明日からどうなる! この先どうする?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     経営者の方にかぎらず、税理士の方も大歓迎!

     ぜひ、ご参加ください。


───────────────────────────────────
◆ 【セミナー内容】
  社長が本当に欲しい経営数字はこれだ!
  経営者が見なければならない、儲けるための真の経営情報と使い方
───────────────────────────────────

   ◎「売上を上げろ!経費削減!利益率アップ!」でいいんですか
   ◎ 利益ってなに? 儲けってなに?
   ◎ 経営は率で考えてはいけない
   ◎ 科学的経営、戦略的経営の本当の意味

   ◎ 社長のための戦略MQ会計入門
   ◎ 売上高が10%ダウン! さあどうする?
   ◎ 売上を作るのは社長の仕事(売上の作り方、アイデアの作り方)
   ◎ 会計の常識が儲ける発想の邪魔をする

   ◎ 月次決算は経営に使えない
   ◎ 社長は絶対にやりたくなる「○○決算」
   ◎ 利益が見える原価計算(儲けるための原価計算入門)
   ◎ 原価を下げると利益が増える?! は大間違い!
   ◎ 会計の常識で原価管理をすると、、、

   ◎ 明日からどうする?!・・・この先の経営を予測するカラクリ
   ◎ これはスゴイ! 利益感度分析
   ◎ 超カンタン 経営計画作成入門

   ◎ 質疑応
   ※会場によって内容が一部変更になる場合があります。


─────────────────────────────────

  ◆【大阪会場】

   2010年06月15日(火)
   詳細は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/mxkaikei/a9_0_2010-03A.php

─────────────────────────────────
  ◆【東京会場】

   2010年07月31日(金)
   詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

─────────────────────────────────


■セミナーに参加できない方のために


 ★戦略MQ会計が始めて、
  という方には、「儲けるための会計入門編」です。
  MQ会計とはどんな会計なの?
  マトリックス会計って何ですか?
  お申し込みはこちらから
  ⇒ http://www.its-mx.co.jp/mxpro/b7_1.php


 ★『利益が見える戦略MQ会計』早くも【重版】

   これまでの会計の常識をくつがえす、
         「儲けるための会計の本」の登場です。 
  ⇒ http://www.its-mx.co.jp/toiawase/book12.php


 ★実践!戦略MQ会計【業種別編】

  自社の決算書からMQ会計表を作成して
  本当の収益構造を分析したい!
  という方はこちらをご覧ください。

  社長自身で会社のMQ会計表を作成するためのツール
  詳しい作り方とその解説が載っています。

  ⇒ http://www.its-mx.co.jp/mxpro/b9_1.php

-------------------------------------------------------------

※【 マトリックス通信 】バックナンバーのご案内
 http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/backnumber2.php

▼ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。次回もお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/melmaga.php
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。その際は全文を
 改変せずにご利用ください。
 

posted by takebe at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(3) | 社長のための会計学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38735995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

領収書 書式、見本、書き方、作り方、印紙税
Excerpt: 領収書 書式、見本、書き方、作り方、印紙税についての情報です。
Weblog: 領収書 書式、見本、書き方、作り方、印紙税
Tracked: 2010-06-04 17:08

請求書 書き方/書式/雛形/エクセル
Excerpt: 請求書 書き方/書式/雛形/エクセルについての情報です。
Weblog: 請求書 書き方/書式/雛形/エクセル
Tracked: 2010-06-04 17:08

借入返済の手引き
Excerpt: このサイトは借入返済の手引きを解説したサイトです。 是非ご覧になってください。
Weblog: 借入返済の手引き
Tracked: 2010-06-15 12:03