2010年06月03日

中古ゴムキャタ入れ・・

2010_0603_111947AA.JPG
本日は、昨日確認した掘削機のゴムキャタ入れに行ってきました。

 午前中に、メーカーにあった中古のゴムキャタを引取に行き、
 
2010_0603_132143AA.JPG2010_0603_132108AA.JPG
お昼から現場に着くと、足回りからゴムキャタが外してあり、履かせるだけの状態になっていました。
外してあるゴムキャタは、芯金は1/3ほど外れていました。これはもう産廃行きです。 
 
2010_0603_133406AA.JPG2010_0603_135235AA.JPG
次にアジャスターのニップルを外し、グリスを抜き縮めます。
 
2010_0603_132629AA.JPG2010_0603_134815AA.JPG2010_0603_135212AA.JPG
中古ゴムキャタを痛めないように履かせたあとは、
 
2010_0603_135616AA.JPG2010_0603_140546AA.JPG
グリスニップルと付け、グリスポンプでゴムキャタを張ります。
 
2010_0603_140919AA.JPG2010_0603_142715AA.JPG2010_0603_140843AA.JPG
張ったあとは、反対側のゴムキャタの点検ですがこの通り、内側に外れています。
このままでは、また外れるので履かせ直して終了。
こちら側のゴムキャタもいずれ、芯金が取れてきそうです。
 
2010_0603_135258AA.JPG2010_0603_135345AA.JPG
ほかにも、ブームシリンダーとバケットシリンダーから作動油が漏れてきており、修理が必要とお客様に連絡し、シールキットの注文いただきました。
あとは、お客様の都合で機械の空いたときに修理します。
 
 
 
 
 
タグ:機械
posted by takebe at 22:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 修理関係
この記事へのコメント
コベルコks35-1 300*52.5*86のゴムキャタは在庫ございませんか 又今後入る予定御座いま参加
Posted by 中井正信 at 2012年11月04日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38741650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック